妊娠線予防のケアは、オイル?それともクリーム?

top01

妊娠してお腹が大きくなると、幸せもつのる一方で、いろいろな不安や悩みも増えてきます。妊婦さんの悩みの中で多いもののひとつが、妊娠線。赤ちゃんの成長とともに急激にお腹が大きくなることで、皮膚の皮下組織が限界を超えて引っ張られ、亀裂ができてしまうことが原因でできてしまう妊娠線は、一度できると完全に消すことができません。

下腹部や胸、お尻のあたりに出ることが多いので、ほとんど他人に見られる心配はありませんが、女性としてはやはり、できてしまうとショックがおおきいものですよね。

妊娠線をできにくくするためには、お腹が大きくなる前から肌の十分な保湿ケアをすることが重要です。肌が乾燥して潤いがなくなると、皮膚は柔軟性を失い、急激な伸びに対応できなくなります。

入念な保湿ケアをすることで皮膚はやわらかくうるおいますので、お腹が急に大きくなった時でもきちんと伸びることができ、妊娠線の発生を防げるのです。

妊娠線を予防するための保湿ケアには、妊娠線予防専用のものを使用するのがおすすめです。が、市販されている妊娠線予防アイテムには、ローション、クリーム、オイルと種類もさまざま。数あるケア用品の中からどれを選んだらよいのかわからない、という声もよく聞かれます。

ローション、クリーム、オイルそれぞれのタイプの大きな違いは、使用感や香り。さっぱりしたライトな使い心地がよければローションタイプ、しっかり塗りたいならクリームタイプやオイルタイプがおすすめです。また、保湿力の点でみると、ローションよりもクリーム、クリームよりもオイルのほうが高いといわれています。いずれも商品によって使用感も保湿力もずいぶんちがいますので、ケアを長続きさせるためにもじっくり検討して選びたいものですね。


妊娠線予防コスメは、どのタイプが人気?

出来てしまってからでは遅い、妊娠線を予防するためのケアコスメには、ローションタイプやクリームタイプが一般的でしたが、最近はオイルタイプのものにも人気がでてきているようです。

それぞれ、どんなふうに違うのかが気になるところ。ローションタイプ、クリームタイプ、オイルタイプのそれぞれについて、特徴をみてみましょう。


サラサラ感が快適な、ローションタイプ

ローションタイプのものは、サラッとした液状なので塗りやすいのがいちばんの特徴です。ベタつきもないので、使用感に違和感がなく、汗をかきやすい夏場などには、妊婦さんにとっては使い心地よく好まれるようです。

ただ、油分がほとんどないので保湿効果はあまり期待できません。液状なので、保湿成分として配合されているものは肌には浸透しやすいのですが、保湿力をキープする点ではいまひとつ、といった感じでしょうか。


最も一般的で使いやすい、クリームタイプ

妊娠線予防コスメの中では最も多く、メジャーなのがクリームタイプ。油分と水分の両方が入っているので塗りやすく、使用感もよいところが人気があります。

ひとくちにクリームタイプといっても、ローションに近いミルク状のものから、軟膏のような硬めのものまでさまざまです。ローションに使いほど、ベタつかず塗りやすいですが、保湿効果は低くなります。


保湿力が高く、効果に期待できるオイルタイプ

top02

オイルタイプは、ひと昔前まではあまりメジャーではなかったのですが、最近、人気が高くなってきたタイプです。人気の理由は保湿効果がダントツに高いところ。

妊娠線予防で最も大切なのは皮膚の保湿なので、保湿力に優れたオイルタイプに注目が集まっているようです。

オイルタイプは、塗り心地が少しベタベタした感じになるのが苦手な人もいるようですが、ものによってはべたつきの少ないものもあります。保湿効果の高さをメインに考えるとクリームやローションよりもオイルタイプを選ぶ人が増えているようです。


妊娠性予防のオイルについて

img01

保湿力で選ぶなら、妊娠線予防にはオイルタイプ